家族葬儀の玉泉

高品質な家族葬を低価格でお届けすることで葬儀業界にビッグバンを巻き起こします

11家族葬で気持ちのこもった見送りをする

葬儀は人生最後のセレモニー

今、人生最後のセレモニーである葬儀も、いろいろなパターンが出てきています。
その人を象徴するような趣味を取り入れた葬儀、宗派にこだわらない葬儀などあります。
しかし、そういった葬儀では、個性を演出する代わりに、料金もかかってしまうケースがあります。
人生の最後を、質素に残された人に負担にならないようにしたいと願う人も増えています。

誰もが贅沢で大がかりな葬儀を望んでいるわけではありません

葬儀はなくなった人にお別れをする場です。
しかし、本人からすれば、本当に大切な人だけでも十分だという方も多くいます。
その代りに、じっくりとゆったりとした時間や気持ちで見送って欲しいと思う方も多くなっています。
そんな方に好まれるのが家族葬です。

身の丈にあった家族葬という小さな葬儀

家族葬なら、身内やごく親しい人を中心とした参列者だけで済むので、慌ただしく、形式的な葬儀になることもありません。
また、参列者が通常の葬儀よりも少人数で済むことがほとんどで、自由も効きやすいのも魅力です。
また、故人と参列者との時間も多くとれるので、思い出やお別れに費やす時間も十分に取れます。
また、最近は核家族化や人付き合いも限定的になってきていますので、大きな葬儀にする必要がない場合も出てきています。
その場合も身近な人だけの葬儀にする方が、より気持ちのこもった本来の葬儀の姿を残したお見送りとなります。

費用面でも手間の面でもメリットが大きいのが特徴です

また、費用面でも合理的です。
式場も大きな場所を借りることなく、人数も少ないですから、かかる費用も抑えることができます。
参列者や会場ではなく、故人の喜ぶこと、式の内容に重点を置いて、質の高い葬儀を上げることができます。
故人を見送るのが本来の目的ですから、そのことだけに集中できるのも、メリットの1つだと言えます。
家族葬は感謝やお別れといった、本来の意味を表現できる葬儀スタイルでもあります。

2013年07月31日

家族葬儀の玉泉新着記事一覧

良い葬儀会社の選び方の手順と葬祭場選定のポイント

葬儀会社を見分けるポイントはこれだけ! 大切な人のお

家族葬というスタイルを体験してみた感想

相次いだ親類の急死 私のおじいちゃんとおばあちゃんは

最近の葬儀費用の価格破壊は当然の流れ

90年代の不動産バブルと共に散った葬儀バブル お葬式

沖縄や地方で見られるいろいろな葬儀スタイル

沖縄で見られる二回葬の風習 日本人のほとんどの方は、